弁護士の報酬はたしか法律で30分最低でも5000円

弁護士の報酬はたしか法律で30分最低でも5000円とか、基準が決められていたと思います。
あくまでも、「最低額」が決められているだけですから、
天井はどこまでも高くなる可能性もあります。

 

離婚関係が得意な事務所などに事情を話して費用を聞いてみるというのも
手かもしれません。
その時点でどれくらい親身になってくれるか、というのも同時にチェックできるはずです。

 

或いは法テラスで再度費用のことも含めて相談してみるのも良いと思いますよ。

 

法律事務所で事務をしている者です。
事務員ですので、法律うんぬんは言えないのですが着手金や報酬金は、その事務所や弁護士によって違いはあります。
すごく良心的な弁護士もいれば、そうでない弁護士もいます。

 

弁護士の探し方ですが、法テラスにはすでに行かれたとの事ですので、あとは見つけ方としてはお住まいの地域に弁護士会というものがあると思います。
弁護士会に問い合わせると、色々と教えてくれるかと思います。
弁護士会のホームページなどでも、弁護士情報は見られるかと思いますので、検索してみても良いかもしれません。

 

費用の相談も聞いてもらえると思います。
法テラスでも、収入等が一定額以下であれば、費用の援助を受けられる制度もありますのでご参考になさってください。
親身になってくれる弁護士さんが見つかると良いですね。

弁護士と相談した結果なのでしょう

1600万て半端な金額が分かりません。借金相談 弁護士と相談した結果なのでしょうが、裁判にならない為の手切れ金ですよね?
ご主人の本当の理由は何でしょう…大金を払ってまで別れたいというのは、もう取り戻せないと思います。

 

裁判になった場合、離婚要因が全く無い場合、
そう簡単には認められないと思うんですが…素人ですが。

 

私は、以前、長く付き合い結婚を決めていた
男性から別れを告げられた時の事を思い出しました。
何を言われても、ただただ別れたくない、
愛されてなくても離れたくない、泣いて泣いて
自分の気持ちをしつこく相手にぶつけ、自分を見失い、おかしくなりました。
どうしようもなく辛い経験をしました。スレ主さまのお気持ち、少しは分かります。

 

ただ、今は別れて本当によかったと思える人生です。
時間はものすごくかかりました。一生結婚できないとも思いました。
人生で1番泣いた時期でした。

 

でも、出会いってあるものです。男性だけじゃなく、他の出会いも救ってくれると思います。
それだけがすべてじゃないですし、今よりは楽に暮らせる日は必ずきますよ。

 

私は「愛情がなくなった」と
知らないうちに相手に離婚届を
提出されていました。
(もっとも私にも愛情がなかったのですが)
生活費ももらっていなかったし、
今も養育費で争っています。

 

生活費を入れない、勝手に離婚届を出したことに対して、
それがどれだけ酷いことか、法的に罰して欲しいと
弁護士に涙ながらに訴えたことがありますが、
「気持ちはわかるけど、法的には問題がない。
だから慰謝料は取れない」といわれました。

 

普通は愛情がない相手には一銭だって渡したくないと思います。
でも旦那様はそれをしない。財産の大半をバンテージさんに渡そうとしている。
少なからず好意は持っているし、申し訳ないとも思ってくれていると思います。
でも愛情がないとダメなんですね、旦那様は。
好きならば、旦那様を楽にしてあげることも愛情かと思います。

 

1600万がバンテージさんにとって悲しいお金なら、
どこかに寄付して、一気になくしてもいいじゃないですか。
もっとも生活していくにはお金がかかります。
現実問題と、旦那様の気持ちを素直に受け取っても
いいとは、私は思います。
悲しいけど、旦那様の言っている通り応じてあげるのも、
旦那様への愛情かな、と思いました。

待っている間にやるべきこと

・認知してもらう
 他の方も心配されていますが、してもらっていますね?
 もしまだであれば、何よりも優先すべき事項だと思います。

 

・両親に打ち明ける
 ショックを受けられるでしょうが、
 隠すだけでは、いざと言うとき、主さんはにっちもさっちも行かなくなります。
 事実を打ち明けて、ご両親が大騒ぎするようなら、
 それはそれで良いではないかと思います。
 彼がご両親に叱責されるような場合、その場で
 彼の本心や本性を見ることが出来るかもしれません。
 何よりご両親のサポート体制を作っておかなければ駄目だと思います。

 

・弁護士に相談
 市や女性センターの無料相談を利用して、今後のことを相談しておくべきです。
 自分も当初騙されていたこと、婚姻が破綻していると告げられたので、
 それを信じて出産した、ということをちゃんと告げた上で。
 もし奥さんに慰謝料請求された場合をシュミレーションしておくべきです。

 

・市町村へ相談
 彼からの生活費が止まったとき、どういう公的サポートが得られるのか、
 その場合に実家に戻れるのかどうかを想定した上で、
 住むことになる市町村に確認しておく。
 実家に戻らないのであれば、市町村の公的住宅も確認。

 

・仕事・保育園
 保育園の空き状況、周辺の雇用状況、失業保険が受けられるかどうか
 (延長手続きはしていますか?)、市町村とハローワークに確認しておく。

 

彼との婚姻を望む気持ちを持ち続けるとしても、
「最悪の状況」に備えて動き出さなければならないと思います。

嫌がらせも最大の武器。

相手が弁護士を雇ったのだったらこちらも費用的には大変でも弁護士は雇った方がいいです。やはり素人なので、素人が自分でやるとなると、それだけの精神的な苦痛、労力を必要とします。それを弁護士にやってもらうだけで精神面でもかなり違ってくると思いますよ。

 

また私の持論です。本妻はやはり籍を抜かない限り、本妻の権利は守られています。
あちらの出方を見たら何を求めているのか一目瞭然。
籍を抜いてもらいたいのが目的とバラしてるんですからなぜ、彼らの思い通りの事をしなくてはならないのでしょうか?
きききりんさん(漢字わかりませんでした)のように何十年も本妻にこだわればいいんですよ。名ばかりの本妻だって言い張ったて、本妻は本妻。所詮、言葉は悪いかもしれませんが、妾は妾なのです。子供も所詮妾の子。そう人生を選択した、なんの悪くない子供をそういう立場においたのは、妾とご主人です。
都合良くなる必要なんてないですよ。婚姻費用分担もきっちりもらいながら生活したら、あちらには、本来自分達の生活費を元奥さんに渡さなきゃいけない、生活費が減るという苦痛が伴います。私は嫌がらせが最大の武器に出来る、本妻の権利だと思っています。

 

私なら、こんな順番で頑張りたいと思います。
1.離婚届受理をさせないように、市役所で手続きします。
  相手が勝手に急いでいるだけ、自分が納得する離婚させない。
  こんな常識がないことをしている相手の願いは叶えさせない。
2.法テラスで弁護士に相談、依頼する。
  相手がプロを立ててきたら、自分だけでは難しいので、費用が
  かかっても、プロを立てて、作戦を立ててもらう。
  ※夫・浮気相手に慰謝料、養育費など色々あるため
  費用の心配されてますが、子ども本人にも権利があります。
  その為の投資だと思って下さい。
  ※相手の子どもには罪はありませんが、自分の子どもと同じ
   土俵にのって欲しくありません。非嫡子になってもらいます。
  相手には、弁護士を立てるまで話をしない。待ってもらう。
3.こそっと嫌がらせをする
  夫も浮気相手も同じ職場の保育所なら、絶対通い続ける。
  今まで夫がしていた送り迎えをしていたのに、しなくなり奥さんが

  わざわざ通ってくる事を見せ付ける。
  夫には何でって疑問に思う人もいるし、浮気相手には幸せな姿を
  見せる。
  ※保育しには、絶対夫に子どもを渡さないで下さいって、通知する。
  ※その間に新しい保育所を探す。中々小さい子どもを預かる保育所って
   見つからないですよね。
ここまでしたら、相手は絶対あせるでしょう。
そこで土下座でもして、有利な条件を認めさせれば、少しはすっきり
出来るかも知れません。
※連帯保証人を2人立てましょう。逃げられないようにね。これも弁護士に
 間にはいってもらいます。